ファスティングのやり方|酵素ファスティングの正しいやり方|オーガニックファスティング

Homeファスティングのやり方

ファスティングのやり方

ファスティングとは、3日間ほど食事(固形物)を食べずに水や酵素ドリンクのみを口にするダイエット方法のこと。 プチ断食とも呼ばれ、一流アスリート・モデル・芸能人に実践者が多いことでも知られています。 ファスティングを実践することにより、毎日働いてくれている内臓を休ませることができ、デトックス効果が期待できます。 減量効果はもちろんのこと、脂肪燃焼・腸内環境改善・肝機能改善・免疫力アップ・五感が研ぎ澄まされる効果も。 以下、ファスティング(プチ断食)のやり方・効果を解説しています。 ここではファスティングで最もポピュラーである酵素ドリンクを利用した 「酵素ファスティング」について解説していきます。

準備期間(3日~1週間)

ファスティングする前の1週間、少なくとも3日間は、なるべく低カロリーな食事を心がけるようにします。 ジャンクフード・ファーストフード・高カロリーな洋食は避け、野菜・海藻類・豆腐・納豆などを中心とした和食を食べるようにしましょう。 特にファスティング前日の夜は、なるべく早めの時間帯に、そして軽めの夕食にします。 たまに「明日からファスティングだから、今日のうちに・・・」といって、高カロリーな夕食を食べ、 お酒もいっぱい飲んでしまう方がいますが厳禁です。これではファスティングの効果を十分に感じることができなくなります。 準備期間を正しく過ごし、スムーズにファスティング期間に入れるようにしましょう!

ファスティング1日目

今日から酵素ドリンクと水のみを口にします。約3時間おきに酵素ドリンクは飲んでOKです。 水もなるべくこまめにしっかりと飲むようにします。 その他は普段通りの生活をしても大丈夫ですが、 お風呂に長時間入るなど無理をするのは避けましょう。

ファスティング2日目

個人差がありますが、ファスティング2日目ぐらいから以下のような「好転反応」というものを感じることがあります。

体がだるくなる・眠気を感じる
吐き気・発熱・下痢
吹き出物・湿疹などお肌の変化

これらの症状は「好転反応」という名の通り良い症状です。 体から毒素が出ている証拠とも言えます。 なので、症状が軽ければ、休憩をとるなどゆっくりと生活しながら、 そのまま酵素ドリンクと水のみでファスティングを続けましょう。 休憩がとれない場合(仕事などで)は、おかゆなどの消化のいいものを食べて ファスティングを中断する選択肢もあります。無理はしないようにします。 個人差がありますが、2日目は1日目よりも空腹のつらさがましになるという方もいます。

ファスティング3日目

3日目にも好転反応が続くことがありますが、体から老廃物がなくなっていくので、 気持ちよく感じる方もいます。 デトックスが促進されることによって 心身ともに軽くなり、空腹感を楽しめる感覚になります。

復食期間

腸内環境がリセットされている状態なので、1食目は「おかゆ」から口にし、 2食目からは、みそ汁・野菜・海藻類・豆腐・納豆・キノコ類なども取り入れ、 だんだんと元の食事に戻していくようにします。 急に高カロリーなものを食べるのは内臓に負担がかかってしまうため厳禁です。 この復食期間での食生活が、ファスティング成功の大きなカギを握っていると言ってもよいです。 ここで食べ過ぎてしまっては、せっかくの努力が台無しになってしまうからです。 以下、ファスティング時に使用するのに人気の酵素ドリンクを厳選していますので、 参考にしてみてください。