ファスティング中の過ごし方は?|ファスティングの知識|酵素ファスティングの正しいやり方|オーガニックファスティング

Homeファスティングの知識ファスティング中の過ごし方は?

ファスティング中の過ごし方は?

「私に本当にできるんだろうか?」
「途中で挫折してしまわないだろうか?」と何かと、
ファスティング断食)が初めてという方の場合は、不安を感じる方も多いでしょう。

ファスティングに不安を感じる|ファスティングの知識|Organic Fasting(オーガニックファスティング)|酵素ファスティングの正しいやり方は、株式会社be Organic

ファスティングに不安を感じる方のために、
シミュレーションをしてゆとりを持って過ごせるようにしましょう。

ファスティング期間中の過ごし方や、予想される体調変化
ファスティングするなら知っておきたい「好転反応」。

ここでは一般的な3日間のファスティングについて、シミュレーションをしてみましょう。

ファスティング中の過ごし方は? もくじ

ファスティング1日目
ファスティング2日目(好転反応の始まり)
ファスティング3日目(空腹を楽しめる感覚)
好転反応など体の不調への対応方法
まとめ

ファスティング1日目

いよいよファスティング開始です。
「水」酵素ドリンクのみで生活します。

水分はしっかりとこまめに摂取することを心がけましょう。
いつもと同じように生活をしてOKですが、決して無理をしないようにします。


ファスティング開始 水分補給|ファスティングの知識|Organic Fasting(オーガニックファスティング)|酵素ファスティングの正しいやり方は、株式会社be Organic

昼・夜になるにつれて、口がさみしくなったり空腹感を強く感じることもあります。
酵素ドリンクは3時間おきに飲んで大丈夫ですので、なんとか乗り切りましょう。

気分転換に軽いストレッチをするのも良いでしょう。 お風呂に入ってもOKですが、熱いお湯に長時間つかったりサウナに入るなど体に負担をかけすぎる行為はやめましょう。
水分補給をしっかり行った後に半身浴をする程度なら安心です。
食事を摂らないことによって、コレステロール・血糖値・血圧などは下がる傾向にあります。

▲もくじへ

ファスティング2日目(好転反応の始まり)

ファスティング2日目からは、
体がだるい・眠い・頭痛・吐き気・発熱・下痢・吹き出物・湿疹・かゆみ・・・などの
好転反応」が始まります。

ファスティング 好転反応|ファスティングの知識|オーガニックファスティング(断食)することにより、減量(ダイエット)・デトックス・美容・心身の健康・集中力アップなど様々な効果が期待できます。ファスティング中におすすめの酵素飲料や身体に大切なことを追求するのは株式会社be Organic。

ファスティングの好転反応

ファスティングの好転反応とは、
細胞の活性化で有害物質が排出されることによって起きる症状で、症状は個人差があります。 症状が軽いようであれば、風邪を引いた時と同じようにゆっくり休憩をしてファスティングを続けましょう。


  • 好転反応など体の不調への対応方法

  • ファスティングを中止する場合

    仕事などでゆっくりと休めない場合は、お粥などを食べてファスティングを中止も必要です。

    ファスティング中止 お粥|ファスティングの知識|オーガニックファスティング(断食)することにより、減量(ダイエット)・デトックス・美容・心身の健康・集中力アップなど様々な効果が期待できます。ファスティング中におすすめの酵素飲料や身体に大切なことを追求するのは株式会社be Organic。

    このような理由もあるので、ファスティング2日目は、
    仕事が休みの日などの何も予定がない日にしておくのが良いですね。
    空腹のつらさは1日目より気にならなくなる方もいます。
    体が脂肪をエネルギーとして利用するようになるからです。

    ▲もくじへ

    ファスティング3日目(空腹を楽しめる感覚)

    2日目に引き続き好転反応を継続的に感じるケースもありますが、
    老廃物がなくなって気持ちよくなり、空腹を楽しめる感覚になる方もいます。
    強い食欲を感じなくなることも。

    いつもなら消化のために胃腸に向いていたエネルギーが、
    細胞の修復に使われるようになり、デトックスが促されることになります。

    好転反応がおさまり体調が良いようであれば、デトックス効果を高めるために、
    ストレッチ・ヨガ・散歩などの軽い運動をするのもおすすめ。

    ファスティング 空腹を楽しめる感覚|ファスティングの知識|オーガニックファスティング(断食)することにより、減量(ダイエット)・デトックス・美容・心身の健康・集中力アップなど様々な効果が期待できます。ファスティング中におすすめの酵素飲料や身体に大切なことを追求するのは株式会社be Organic。

    運動した後には水分補給も兼ねて「酵素ドリンク」もしっかりと飲んでおきましょう。
    3日間のファスティング期間が終わったら、次の日からは復食期間に入ります。

    ▲もくじへ

    好転反応など体の不調への対応方法

    ファスティング1日目・2日目・3日目と見てきましたが、
    気になるのが2日目を中心に出るケースの多い「好転反応」でしょう。

    初めてファスティングする方は特に、
    ファスティングの最中に不調が出ると「大丈夫かな?」と不安になるものです。

    そんな不調への対応方法を症状別にご紹介しますので参考にしてみてください。

    症状が我慢できる程度のものであれば、それは老廃物・毒素がデトックスできている証拠とも言えますので、 以下の対応方法で、ファスティングを継続したいところです。

    症状が重い場合には無理に続けず、また次の機会にファスティングに挑戦するようにします。

    普段から食生活が乱れがちだったり、ファスティング前の準備期間がしっかり取れていないことが、 重い症状を引き起こす原因となっている可能性もあるため、次回はその点を改善してから試してみるのもよいかと思います。

    ファスティング 好転反応など体の不調への対応方法|ファスティングの知識|オーガニックファスティング(断食)することにより、減量(ダイエット)・デトックス・美容・心身の健康・集中力アップなど様々な効果が期待できます。ファスティング中におすすめの酵素飲料や身体に大切なことを追求するのは株式会社be Organic。

    体がだるい

    だるさ・疲れを感じる場合、脱水症状の可能性があります。 肝臓の調子が悪い方の場合、ミネラルが尿から排出されすぎるのを防ぐことができないために、ファスティング中脱水症状になることがあるのです。 普段なら食べ物からもミネラル補給ができますが、ファスティングの最中にはそれもできません。 脱水症状というと、水分が不足しているから水を飲めばいいと思い込んでいる方がいますが違います。 カリウム・ナトリウムなどのミネラルが不足することで、水分がうまく保てなくなっている状態のことです。 塩を少しなめたり梅干しを食べることで改善することが多いですので試してみてください。


    足がつる

    体がだるい場合と同じく、脱水症状の可能性があります。


    頭痛

    ケーキ・チョコ・スイーツ・・・甘いものが大好きでついつい食べ過ぎちゃう。甘いものが原因で太っちゃって、 ファスティングでのダイエットにチャレンジしようとしている女性も多いことでしょう。 甘いものが好きで食べる機会の多いという方は、ファスティング中に頭痛を感じることがあります。 甘いものをよく食べる方は、血糖値をコントロールする仕組みをうまく働かせられないことがあり、 ファスティング低血糖となると、しばらくそのままの状態が続いてしまうことによって頭痛がおきます。 頭痛を感じるのは最大でも2日間くらいのことが多いですので、我慢できるようであれば我慢し、 もしひどければ消化の良いものを食べるなどしてファスティングの中止も検討するようにしましょう。


    眠気がひどい

    私自身、初めてファスティングをした時の2日目に眠気が1日中ひどかったです。 その日仕事だったので、居眠りしないように必死でこらえてました。お昼休憩の間、普段なら昼寝することなんてめったにないのに、この日は時間いっぱいまで爆睡しちゃいました。 私の場合は不調として感じたのはこの眠気だけで、他には一切「好転反応」らしきものは出ませんでした。 このように、どういった症状が出るのかには個人差が大きいです。 満腹になると眠くなることは皆さん経験があるでしょうが、逆に、空腹で眠くなるのは体の中で何が起きているからなのでしょうか? 空腹になると胃からグレリンというホルモンが分泌されて 「エネルギーが足りてないから食べたほうがいいよ」という命令が脳にされています。 この命令を無視して食べないでいると「もしかして食べられない期間は長いのかも?だったらエネルギーを節約して休もう」ということが無意識で行われ、 その結果、眠くなっているというわけです。人間の体ってホントよくできていますね。 また、ファスティング中血糖値が下がるため、成長ホルモンが分泌されて血糖値を高めようとします。 成長ホルモンの分泌が多くなれば、炎症・疲労の修復スピードも上がり、お肌がキレイになっていることが分かる という方もいます。 このように、眠くなることは体が良い方向へ向かっている証明とも言えますので安心しましょう。 ただ、居眠り運転の原因にもなりますので、ファスティング中車の運転は避けたほうが良いかもしれません。


    冷えがひどい

    眠気がひどい場合と同じく、体が無意識にエネルギーを節約しようとすることが原因となっていることがあります。基礎代謝が自然に下がるために冷えるというわけです。 私の場合、初めてファスティングした時にこの症状もやはりファスティング2日目に強く感じました。 もともと冷え性ではないので、「風邪ひいたのかな・・・」と思うほど寒かったです。 確か11月頃で、日によっては冬みたいに寒い日もあるような時期だったので、周りに「今日って寒い?」と聞いてみても、 「いや、今日は特に寒くないと思うけど・・・」という返事が返ってきたので、これはファスティングの好転反応だな、、、と確信したわけです。 対策としては、普段冷えを感じた時と同じように、まずは体を温めてあげましょう。 温かい飲み物を飲むのも良いですが、ファスティング中のため、白湯かノンカフェインのハーブティーにします。 運動するのも体を温める効果がありますが、ファスティング中は激しい運動は避けてください。 ウォーキングやストレッチ、ヨガなどを無理しない程度にやってみましょう。

    ▲もくじへ

    まとめ

    いかがでしたか?
    ファスティングを1日目・2日目・3日目の生活のシミュレーションは、
    頭の中でイメージができたでしょうか?

    ファスティング シミュレーション|ファスティングの知識|オーガニックファスティング(断食)することにより、減量(ダイエット)・デトックス・美容・心身の健康・集中力アップなど様々な効果が期待できます。ファスティング中におすすめの酵素飲料や身体に大切なことを追求するのは株式会社be Organic。

    体調の変化を一言で説明すると、空腹のつらさに始まり、好転反応に苦しみ、その後に爽快感が待っている、という感じでしょうか。 いいこともあれば悪いこともある。人生みたいですね。

    いずれにしろ、自分の体調と相談して決して無理はせず、 つらければお粥などの消化の良い回復食を食べてファスティングを中止するという選択もあるということは忘れないようにしてくださいね。

    ▲もくじへ

    << 前のページに戻る