味噌汁ファスティングとは?|ファスティングの知識|酵素ファスティングの正しいやり方|オーガニックファスティング

Homeファスティングの知識味噌汁ファスティングとは?

味噌汁ファスティングとは?

味噌汁ファスティングとは?|ファスティングの知識|Organic Fasting(オーガニックファスティング)|酵素ファスティングの正しいやり方は、株式会社be Organic

最近では、ファスティング(断食)期間中に具なし味噌汁を飲む「お味噌汁ファスティング」をやってみる方が増えているようです。
酵素ドリンクは値段が高くて」
酵素ドリンクの独特の味が苦手で」
「野菜ジュースもグリーンスムージーも青汁もいまいち好きになれなくて」
などの理由で、
ファスティング(断食)が続かなかった方が、 お味噌汁ファスティングを行っているようです。

お味噌汁はアミノ酸・ミネラル・良質なたんぱく質を含むので、ファスティング(断食)中にも最適。 手ごろな感じで、ファスティング(断食)を行う方法ですね。

まずは1食だけ置き換えてみよう!

まずは気軽に朝食・昼食・夕食のどれか1食を、具なし味噌汁だけにしてみましょう。空腹を我慢するのが苦手!という方でも1食ならどうにかなるはずです。 温かい具なしの味噌汁をゆっくり飲んで、体に染み渡る感覚を楽しんでみてください。酵素ドリンクなどを購入して用意する必要もないので、気軽に始められます。 「まずは気軽に」っていうのがポイントです。無理せずに、できる範囲で、とりあえずやってみましょう。

次に3食とも置き換えてみよう!

1食だけの置き換えに問題なければ、 いよいよ1日3食とも具なし味噌汁で過ごすお味噌汁ファスティングを実践してみてください。

お味噌汁ファスティングの前日は消化の良いヘルシーなメニューを心がけて食べ過ぎは厳禁! 夕食もできるだけ早めに腹八分目で済ませておきたいところです。

お味噌汁ファスティング当日は、具なし味噌汁に加えて、1日で約1.5リットルから2リットルを目安にこまめに水を飲むようにします。 普段あまり水分を摂取しないという方は、いつも通りだと少なすぎる場合もありますので、 意識的に飲むようにしましょう。 水を飲めば空腹がまぎれることもあります。

次の日の朝食はおかゆなど消化の良いものをゆっくりと食べます。 昼食・夕食も軽めにしておき、次の日から徐々に元の食事に戻していきます。
このように、ファスティング(断食)当日だけでなくその前後の食生活も、ファスティング(断食)の効果を実感するためにはとても重要です。


具なし味噌汁の作り方

1日3食分の分量の目安としては、昆布だしの水700mlに大さじ2杯程度の味噌です。 味噌は栄養豊富ですが塩分も含まれているので、摂取量が多くなりすぎないように注意しましょう。

関西の方は白みそが好きな方も多いでしょうけれど、白みそは糖質が多いのでファスティング(断食)時に摂るのには向きません。 赤みそを使うようにします。

出汁にカツオを使うと消化に負担がかかることもあり、昆布だけにします。市販のだしを利用する場合には無添加のものを。 またインスタントの味噌汁は避けてくださいね。添加物が含まれるのでファスティング(断食)には不向きです。


味噌の栄養

みそは医者いらず|味噌の栄養|味噌汁ファスティングとは?|ファスティングの知識|Organic Fasting(オーガニックファスティング)|酵素ファスティングの正しいやり方は、株式会社be Organic

お味噌汁ファスティング実践中には具なし味噌汁と水しか飲まないため、 味噌にどんな栄養があるのか知りたいと思った方も多いんじゃないでしょうか?

味噌は大豆が発酵されることによってビタミン・アミノ酸を豊富に含み、 その栄養価の高さから「みそは医者いらず」とも言われています。

大豆のタンパク質は酵素で加水分解されて消化吸収しやすくなるので、 味噌のほうが大豆そのままよりも消化吸収がしやすいということになります。

大豆油が含む大豆レシチン・リノール酸は血中コレステロール値の上昇を抑制するという 研究結果があるなど、味噌の健康効果に関連した論文や研究は多数あります。

まとめ

酵素ドリンクなど特別な飲み物を用意する必要もないので、お味噌汁ファスティングは手軽にやってみることができますね。 日本人に昔から愛されてきた味噌汁。和食を食べる機会が減り、味噌汁をあまり飲むことがないという方も、お味噌汁ファスティングを良いきっかけにして、味噌汁を食生活に取り入れてみてはどうでしょうか?

ファスティング 断食のご相談は

<< 前のページに戻る